【インプラント】インプラント治療の流れについて

[2015年03月16日]

こんばんは。院長小北です。

今日はインプラント治療の流れについて説明します。

 

小北歯科クリニックには、骨の形態や硬さを確認できるCTレントゲン装置がございます。

保険で撮影できる2次元のレントゲン写真とは違い、3次元で骨の状態を確認できるため、より安全にインプラント治療を行うことが可能です。 → CTレントゲンについて

多くの歯科医院では病院歯科などでわざわざCTレントゲンを撮影しに行っていただくことが多く、費用も2万円程度かかります。

それだけの費用を負担して、骨が少ないためインプラントができないとなった場合、患者様にはレントゲンの費用が無駄になってしまいます。

小北歯科クリニックでは、インプラント治療を希望されている方にはまずできるかどうか判断するために、無料でCT撮影を行っています。

インプラント治療が可能な場合は、治療計画や治療期間、メリットやデメリット、リスクや費用などについてのを説明しています。

 

治療計画の作製にあたり、口腔内写真撮影を行い、歯周病や虫歯等の検査を行います。

歯周病が中等度〜重度の場合は、インプラント治療の前にまずは歯周病治療が必要になります。

その他、虫歯などの治療タイミングや進め方についてもカウンセリングの際に説明しています。

 

最近ブログで症例を追加するのをサボりぎみでしたので、先週のインプラントオペの写真を紹介します。

右下4番、6番に2本のインプラントを埋入し、最終的には3本のインプラントブリッジにする症例です。

4番、6番の部分の骨量は十分にありますが、4番の歯肉が凹んでいます。

 

術前のシミュレーションです。CT写真でも骨量が十分にあることがわかります。

 

そして、手術後の口腔内写真です。

6番は切開をいれない術式(Flapless Surgery)で行いましたので、術後の縫合はしていません。

4番は歯肉の量を増やすために切開を入れ、歯肉を増やしています。

 

術前・術後のCT写真です。

シミュレーション通りの位置に位置に埋入できました。

手術は30分程度で終了しました。

約3ヶ月後には上部構造を装着しますので、追って報告致します。^^

 

—————————————————————

小北歯科クリニック

〒676-0064 兵庫県高砂市高砂町北本町1105

Tel:079-443-1125

HP:http://kokita-dc.com

—————————————————————