【審美歯科】前歯部ジルコニアセラミッククラウン:2症例

[2015年06月27日]

ジルコニアセラミッククラウンの症例を紹介します。

ジルコニアセラミッククラウンは、ジルコニアの土台の上にセラミックを焼き付けたクラウンになります。

従来の自費治療は、金属にセラミックを焼き付けた白い被せ物が主流でしたが、現在はジルコニアを使用したクラウンが主流になっており、当院でも自費治療では金属を使用していません。

その一番の理由は、見た目がきれいで長持ちすることにあります。

金属は光を遮断するため、ジルコニアと比較すると表面は同じセラミックでも、色調が全然違います。

また、経年的に歯茎が痩せてしまうと、歯と歯茎の境目が黒ずんで見えることがあります。

長い間使用すると、セラミックがすり減って内部が見えてくることがありますが、金属を使用すると銀色がみえてしまいますが、ジルコニアの場合は白いため内部が見えても目立たないといったメリットもあります。

ジルコニアはセラミックの一種なので、金属アレルギーも心配ありません。

 

左上2番の被せ物のやりかえを希望された患者様です。

もともと保険の白い被せ物が入っていましたが、被せ物は変色して透明感がなくなり、歯茎はやせしまってはと歯茎の境目が黒くみえていました。

ジルコニアセラミッククラウンにてやりかえすることになりました。

 

 

ジルコニアセラミッククラウンを装着した写真です。

周りの歯の色に合わせ、細かな歯の模様も再現しました。

被せ物の治療は、数本まとめて治療する場合は色合わせが簡単なことが多いのですが、1本だけ治療するというのはすごく難しいです。

この歯が人工の被せ物とはわからないのではないかと思います。^^

 

次の症例も同じく保険の被せ物のやりかえを希望された患者様です。

周りの歯も保険のプラスチックの材料が変色していましたので、被せ物を作る前に保険で治療しました。

 

土台はファイバー製の白い土台を入れています。

素材に弾力があってたわむため、保険の硬い土台に比べ、歯が長持ちしやすいです。

 

装着時の写真です。

周りの歯の色の変色も治療したので、とてもきれいになりました。

患者様にも満足して頂けました。^^

 

前歯の治療でリアルな歯の色を表現するためには、ジルコニアセラミッククラウンがおすすめです。

 

 

—————————————————————

小北歯科クリニック

〒676-0064 兵庫県高砂市高砂町北本町1105

Tel:079-443-1125

HP:http://kokita-dc.com

—————————————————————