【審美歯科】フルジルコニアブリッジの症例

[2015年06月27日]

フルジルコニアクラウンを前歯部に使用した症例を紹介します。

フルジルコニアクラウンは、人工ダイヤモンドでもよく知られる素材です。

強度があり、白い色調をしているため、歯科でも何年も前から使用されています。

整形外科では人工関節にも使用されている安心・安全な素材で歴史も長いです。

ただ、一番の問題はその色調で、白い色をしているものの、周りの歯の色に合うことが少なく、本来、小臼歯や大臼歯によく使用します。

 

今回は、フルジルコニアクラウンの症例です。

左上1番が腫れてぐらぐらして痛いので治療して欲しいというのが主訴でした。

数ヶ月は歯周病治療で延命処置を行ってなんとか残していましたが、体調が悪いときに歯茎が腫れてくるため、ついに歯を抜くことを決意されました。

また、もともと歯が1本少なく、患者様は隙っ歯になっているのも気にされていました。

インプラントは考えておられませんでしたので、前歯を1本抜いてブリッジによる治療を選択されました。

 

これが装着するフルジルコニアブリッジです。

当院では、素材のサンプルを患者様に見て頂き、色の確認をして頂きます。

ステイン加工をする場合は、完全なオーダーメイドになるため、私も実際に完成したものを見るまでは少々色の不安があります。^^;

素材の特性上、透明感は少ないですが、ステイン加工を施していますのでかなりリアルです。

 

装着時の写真です。

患者様は色調を心配されていましたが、  想像していた以上にきれいで、喜んで頂けました。

口元もとてもきれいになりました。^^

 

—————————————————————

小北歯科クリニック

〒676-0064 兵庫県高砂市高砂町北本町1105

Tel:079-443-1125

HP:http://kokita-dc.com

—————————————————————